任意ゾーンとは

お金を借りる事と任意ゾーンについて

お金を借りる時は、金利について注意しておく必要があります。 借入額が少ない場合、また短期間で完済できるのであればそれほど大きく影響してくることはありませんが、多額の借り入れをする時や完済まで時間をかなり費やす時などは金利が高くなればなるほど返済総額と借入額の差が大きく開いてしまうのです。
その為、キャッシングをする時はどんな場合でも出来るだけ低金利の所を選ぶ、それが重要となってきます。 さて、一般的にお金を借りる時の金利は上限が定められています。 出資法と利息制限法によってここまで、というのがあるのでその数値を越さないように設定されているのです。
しかし出資法の上限金利と利息制限法の上限金利は決して同じ値ではありません。 その上限金利の範囲の事を任意ゾーンと呼びます。 ちなみに、グレーゾーンと呼ばれる事も有るので、そちらの名称で知っている人もいるでしょう。
ちなみに、現在ではこの任意ゾーンで金利を設定する事は一般的には出来ません。 2006年に貸金業法が改正されたので、利息制限法で金利が設定されるようになったからです。
現在ではその任意ゾーンの金利で返済した場合は過払い状態となるので、過払い金請求をする事が出来るようになっています。 従って過去に借金をし、実は過払いの状態になっているのではないかと思う人は一度司法書士等に相談してみるのも良いでしょう。
色々と書類等を用意する必要はありますが、そうする事でもしかしたら返還請求出来る事も有ります。

関連ページ

クレジットカードの選び方
クレジットカードの選び方
システム金融の仕組みとその特異性とは
システム金融の仕組みとその特異性とは
メガバンクとは
メガバンクとは
借り入れができないブラックリストとは何か?
借り入れができないブラックリストとは何か?
借入限度額と利用限度額とは
借入限度額と利用限度額とは
元利定率リボルビングシステムとは
元利定率リボルビングシステムとは
固定金利とは
固定金利とは
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
新規利用残高の意味
新規利用残高の意味
無利息残高とは
無利息残高とは