固定金利とは

固定金利とはなにか

固定金利とは金融機関からお金を借りる場合に一年間に何パーセントの金利を支払うかという目安になります。 例えば、ある金融機関から100万円を借りたとします。 そこで1年間で20パーセントを利息として払い計画になりました。
その20パーセントが固定金利になります。 なぜ固定金利と書いているかというとこの金利は変動することがないからです。 もし変動の場合は一年間20万円の利息なのに、一定の条件が満たされない場合に金額が変わるという形になってしまいます。
そこで固定があるのに変動はないのかという疑問にぶち当たります。 変動金利はどのような時に起こるのしょうか。 あまり変動金利はないと思いますが、返済の際にうまく返済が進まず、延滞をしてしまうという状況を考えましょう。
この場合は借り入れた本人の状況や支払い意志があるかどうかによって変動してしまう可能性があるからだと思います。 返済が3か月以上滞ってしまい、返済が不可と考えられる場合、裁判所などまたは弁護士を通して返済金利の変更などが起きる可能性があるからです。
金融機関においても、支払いができない状況が続いてもらっては困ります。 そこで少しでも返済ができるように金利を減らしたり、返済金額を分割するなどする場合もあります。
金融機関は当初の金額よりも少ない場合でも夜逃げをされるよりはいい判断になります。 つまり、固定の金利とは最初に決められている年間何パーセントかという数字のことです。

関連ページ

クレジットカードの選び方
クレジットカードの選び方
システム金融の仕組みとその特異性とは
システム金融の仕組みとその特異性とは
メガバンクとは
メガバンクとは
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
借り入れができないブラックリストとは何か?
借り入れができないブラックリストとは何か?
借入限度額と利用限度額とは
借入限度額と利用限度額とは
元利定率リボルビングシステムとは
元利定率リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
新規利用残高の意味
新規利用残高の意味
無利息残高とは
無利息残高とは