借入限度額と利用限度額とは

お金を借りる時に良く理解しておきたい借入限度額と利用限度額

お金を借りる場合、好きな金額を好きなだけ借りられるわけではありません。
借りられる限界が決められています。
それを、借入限度額や利用限度額と呼んでいます。
利用者の収入や勤続年数、職業などによってもこの金額は変わってきますし、さらに有担保か無担保かによっても変わってくる事があります。
出来るだけ沢山のお金を借りたい時、目的が既に決まっている時などは有担保ローンや目的別ローンを利用するのも一つの方法です。
借入限度額や利用限度額は、決められた金額のお金を借りたり使ったりする事が出来ますというものですが、その限度額ギリギリまで利用してしまうと、返済が大変になってしまう事もあります。
出来るだけ無理なくコンスタントにお金を返済していく事を考えると、限度額ギリギリではなくて、少し余裕をもっておく必要がります。
特に、手軽だからと日常的にお金を借りている人は、いつも借金を返済している状態になるので注意しましょう。
出来るだけ余裕を残してお金を借りる事で、急に自分の収入が減った時でも対処しやすくなります。
もし収入に余裕が出て来た、もう少し借りられる方がより便利だという時は、この借入限度額や利用限度額の増額を金融機関側に申し込む事も可能です。
ただ返済が滞っていないとか、月々の返済額以上の返済をして信用を作って行く必要があります。
そうして金融機関側から増額しても大丈夫だろうと判断された時、この金額を増額してもらう事が可能です。

関連ページ

クレジットカードの選び方
クレジットカードの選び方
システム金融の仕組みとその特異性とは
システム金融の仕組みとその特異性とは
メガバンクとは
メガバンクとは
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
借り入れができないブラックリストとは何か?
借り入れができないブラックリストとは何か?
元利定率リボルビングシステムとは
元利定率リボルビングシステムとは
固定金利とは
固定金利とは
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
新規利用残高の意味
新規利用残高の意味
無利息残高とは
無利息残高とは