借り入れができないブラックリストとは何か?

借り入れができないブラックリストとは

ブラックリストという言葉は聞いたことがあるかと思いますが、具体的にどのようなリストなのかご存知でしょうか?
一般的な知識としては、そこに名前が乗ってしまうと借り入れができなくなるというものだということです。
この知識は間違ってはいませんが、一概に正しいわけではありません。
そもそも本来、ブラックリストというものはなく、信用情報機関の「事故情報」がそう呼ばれているに過ぎません。
信用情報機関とは、キャッシング、カードローン、クレジットカードなどの申し込みした人の情報が自動的に登録される情報機関です。
ここでは申し込み情報から、審査の結果、借り入れ状況、返済状況までが登録されています。
記録は半年分が残り、キャッシングの利用を続ければ更新されて半年前の情報から抹消されていきますが、利用しないと記録は残り続けます。
このような情報機関が存在するのは、金融会社に消費者の情報を提供し、消費者と金融会社が安全でクリーンな取り引きを行えるようにという目的があります。
事故情報は、ここに登録されている消費者の「過失の履歴」です。
例えば、多重申し込み、返済の延滞や滞納、債務整理などの記録です。
事故情報の内容によって半年〜数年で抹消されますが、その間は借り入れするのが厳しい、もしくはできなくなります。
これが所謂ブラックリストです。
借り入れは信用が第一ですので、ブラックにならないようにキャッシングは計画的に利用していきましょう。

関連ページ

クレジットカードの選び方
クレジットカードの選び方
システム金融の仕組みとその特異性とは
システム金融の仕組みとその特異性とは
メガバンクとは
メガバンクとは
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
借入限度額と利用限度額とは
借入限度額と利用限度額とは
元利定率リボルビングシステムとは
元利定率リボルビングシステムとは
固定金利とは
固定金利とは
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
新規利用残高の意味
新規利用残高の意味
無利息残高とは
無利息残高とは